湿度40~60%でマイナスイオンが増える


ドイツの物理学者フィリップーレナード博士は「滝の水しぶきには、マイナスイオン効果がある」と、画期的な学説を発表しました。(のちに、ノーベル物理学賞を受賞した研究者です

滝の付近にマイナスイオンが多いことを、彼は「水が砕かれて大きい粒と小さい粒ができたら、大きい粒はプラスの電気を帯びて落下し、小さい粒はマイナスの電気を帯びて、まわりの空気をマイナ
スイオンにする」といういわゆる「レナード効果」で説明しました。
 
 そのため、大きい水の粒が落ちる滝の近くではプラスイオンが多くなり、少し離れて霧状(小さい粒)になった先にマイナスイオンが多くなります。
 この粒のことを「クラスター」といいますが、空気中の水分は、湿度によってクラスターの大きさが変わってきます。湿度が高くなると粒が大きくなり、湿度が低くなると粒は小さくなるという性質があるのです。
 人が気持ちょいと感じる湿度は、40~60%。日本ではすがすがしい五月晴れや秋晴れのときの湿度です。
このとき、空気中の水分は0.5~1ナノメートルくらいで、この小さな水分に電子がつくと、マイナスイオンとなります(1ナノメートルは、1ミリの100万分の1)。
 梅雨どきや大雨のときなどは湿度が80%を超えますが、ここまで高くなると、空気中の小さな水の粒は集まって、とても大きな粒になります。
水の粒が大きくなると、あたりはプラスイオン一辺倒になってしまいます。
 したがって、マイナスイオン環境をつくるときに、湿度の設定は重要です。

壁と植物

【壁や天井、床からプラスイオンが発生している】

 いくらマイナスイオンが豊富な場所に家を建てても、玄関に一歩足を踏み入れたら、そこにはプラスイオンが充満している。
じつは、こういう住宅がほとんどなのです。
 あとでご紹介する無垢の木のフローリングや漆喰壁のように、水分を吐き出したり、吸い込んだりする効果(調湿効果)があれば、適度な湿度が保たれやすいため、マイナスイオンが安定して供
給されます。
けれど、合板やビニールクロスの壁にはそのような効果はありません。
 それどころか、壁や天井、床から放出される有害な化学物質は、プラスイオンを発生させるのです。こういった有害物質は、建材からだけでなく、家具からも放出されます。さらに、放射性物質は強力なプラスイオンを発生させます。

【家のなかはプラスイオンを増やす電磁波でいっぱい】

私たちの暮らしのなかでは、さまざま電気製品から電磁波が絶えず発生していますが、電磁波もプラスイオンを増やします。
 
家じゅうの蛍光灯やLEDから、リビングのテレビや電気カーペット、こたつから、台所の電子レンジ、電磁調理器(IHクッキングヒーター)、ミキサーから、寝室の電気毛布から……。
パソコンや掃除機、ドライヤー、電気ひげそりを使えば、そこからも多くの電磁波がもれています。
 とくに、電子レンジから出るマイクロ波と呼ばれる高周波の電波は、無精子症を引き起こすといわれています。だから、電子レンジを使うときは最低2m離れるといった注意が必要です。
携帯電話も、このマイクロ波を使用しています。