『住宅敷地も優遇されている』


  • 中古住宅の場合の軽減措置

 中古住宅の取得の場合も,建物の固定資産税評価額から築年数に応じた350万円〜1,200万円の控除が受けられます。

驚き

 ただし,中古住宅の場合は新築住宅と異なり,自分の住まい(マイホーム)しか特例控除は受けられませんので,アパート等の貸家住宅は適用されません。

  • 住宅用土地の税額控除の特例

 住宅の敷地についても、特例控除が受けられる新築住宅(貸家を含む)、または中古住宅(自分の住まいに限る)の敷地であれば、通常通りに計算したその敷地の税額から一定額を控除する「税額控除の特例」を適用することができます。

ハウス

【住宅用土地の税額控除の計算のしかた】

①通常の税額
 住宅用土地の固定資産税評価額×3%

②税額控除額
 ・45,000円

 ・1㎡あたりの土地の固定資産税評価額×1/2×住宅の床面積の2倍(注)×3%
  (注)200㎡を超える場合は200㎡までとし、アパート等の共同住宅については、1室当たり200㎡までとする。

 ・上記のうちいずれか高いほうの金額

③軽減後の税額
 ①-②

 上記の計算式は一見、難しい気がしますが、通常は約60坪(200㎡)までの敷地であれば、土地の不動産取得税は税額控除を使って0となり、課税されないと考えてよいでしょう。


埼玉県入間市をご存知ですか?
さいたま市と東京都の中間あたりに位置しているので,ベッドタウンとしての役割を担っております。都心も近くにありながら,自然環境が整っている入間市は,生活する場所としては大変おすすめのエリアになります。
そんな入間市,2016年で市制が50年を迎えます。歴史ある入間市へのお引越しなら,市内にある一戸建て物件がおすすめです。エリア自体ファミリー層に非常に人気のあるエリアになるので,とても快適な新生活をスタートする事ができるでしょう。
市街地には,商業施設もあるので,暮らしにも遊びにも不便な思いをする事もないでしょう。暮らし良い街入間市の一戸建てで,利便性の高い新生活を始めませんか?

東京都江戸川区。
江戸川区は千葉県に隣接しており,閑静な住宅街が多い地域になるので,落ち着いた環境の中で生活をお考えの方には,非常におすすめできるエリアと言えます。
23区内の中でも家賃相場が低いエリアいとしても知られています。一人暮らしだと,ワンルーム6万円台からあるので,23区内へのお引越しを検討している方は候補の一つにしてもいいかもしれません。
江戸川区内には,5路線も鉄道が走っているので,各方面へのアクセスが非常に容易です。
エリアによって暮らしやすさは変わってくるので,ご自身のライフスタイルに沿ったエリアを選択し,賃貸物件や一戸建て物件を見つけてみてはいかがでしょうか。きっと満足できる物件を見つけることができるでしょう。

いつかは独立して,自分のお店を持つこと。そうした野心、夢を掲げて日々頑張る方も多い神戸市。
そんな神戸市でおすすめの貸店舗情報をご紹介しているのが私も参考にしてお店を借りたコチラです。居抜きタイプやスケルトンタイプ,路面店に2階・地下店舗と,お店の内容によって絶対コチラであれば見つかると思いますよ。私はネイルサロンを開く為駅近くの貸店舗を借りたんですがお客様が迷わずご来店出来るとご好評いただいています。また貸店舗情報だけでなく,貸事務所やオフィスもかなり掲載されてましたよ。こうした物件は,個人でオフィスを開きたい方にはいいかもしれないですね。またブティック向けや美容室向けの貸店舗情報も多かったように他社と比較して感じました。神戸市のことを熟知した
お店の方が親身になって神戸市内の貸店舗情報を教えてくれました。